第6回 東海信和Aチーム はぐくみ研修

本日は東海信和にて、
「理想の人生をおくるために」という角度から、
ビリーフにまつわる、お話をさせていただきました。



東海信和株式会社が、はぐくみ研修を通じて、
月に1度研修をしている目的は、
「社員の幸せ」です。

近藤晃生社長から研修の始めに、
よく話されることです。

さて、「社員を幸せにする」なんてことが本当にできるのでしょうか?

企業が社員を幸せにするためには、

・生活に不安を感じない「給与」
・役にたって、ありがとうと言われる「存在価値」
・分け隔てなく助け合える「人間関係」
・価値観が合い、大好きと思える「企業理念」
・自由に決断、行動できる「権限委譲」

こういったことがとても大事になってくると思います。

ところが仮に人からこういった条件を見て、
「あなたの人生は幸せだね」
と言われたところで、
当の本人が幸せを感じておらず、
あれが足りない、これが足りないと、
不平不満ばかりを感じていれば、
幸せにはなれないということですよね。

人を幸せにするのは簡単なことではありません。
もっと言うと、人を幸せにすることはできないかもしれません。

人を幸せにしようとする「行動」はとれます。
人を幸せにしたいという「気持ち」を持つこともできます。
でも幸せかどうかは当の本人次第なんですよね。

この「幸せになる考え方」が今回のテーマというわけです。

理想の人生をおくるためには、
この「幸せになる考え方」がとても大きな役割を果たします。

ですから我々は、
人を幸せにすることはできないかもしれませんが、
人を幸せにする「きっかけづくり」はできるという思想で、
こういった場をつくるわけです。

今回の研修では「ビリーフの存在」について話しましたが、
自分の中にある「ビリーフ」については、
また別の機会を設けて、自分と向き合う時間をつくる予定です。

いつも最後までよんでいただき、本当にありがとうございます!
また次回についてはブログで報告したいと思います。
Post Author

1971年生まれ、東京都出身。 人生のミッションは、 「真心こめ、魂こめ、芸を以て、一縁に尽くす」 こと。 sMart Info 株式会社の代表取締役という役割を全うするなか、メンタリングをしっていただく活動を行っている。 講演活動は、「はぐくみ講演」と題し、メンタリングを基礎として、 企業、一般、学生の方々へ講演に赴いている。 ITエンジニアとしての活動は、 個人、中小企業が主な対象で、スマートフォン(特にiPhoneに特化)から、パソコン(Mac、Windows問わず)まで、 「仕事が楽しくなる環境をつくる」ことをモットーに活動している。

0 件のコメント:

コメントを投稿

いつも読んでいただきありがとうございます!
来ていただいただけで、元気が出ます!