クラブメンター松阪チャプター メンタリング講演

ちょうど1年ぶりに講演させていただきました、
クラブメンター松阪M2チャプター!

会場に着くなり、
いつもより神妙な面持ちの大森さんに迎えていただきました。

今日は大森さんが講師として初の講演を控えているので、
神妙なはずです(*^^*)



大森さんは、2年前にこの松阪チャプターを立ち上げられました。

松阪にメンタリングを広め、地域を元気にするんだという思いからです。

僕たちは4年ほど前、名古屋にあるクラブメンターの会で出逢いました。

当時、お父様から受け継いだ会社で、
強制や権限で社員さんを動かし、
やらされ感で働く社員さんに、
「なんで言われたことしかやらないんだ!」
と嘆く大森さん。

その時初めて出会ったメンタリングを聞いて、
衝撃が走ったといいます。

今まで社員さんのできない部分にばかり眼を向けていた自分。
本当にできていなかったのは自分なんだ。
自分が変わらなければ、社員が変わることなど無い。
社長の器以上に、会社は成長しないんだ!

という気づきを得たそうです。

それからというもの1年半、
会社から名古屋までの道のり3時間半をかけ、
往復7時間をかけて勉強を重ねた大森さん。

ようやくの思いで松阪にチャプターを立ち上げ、
メンタリングを広める第1歩を踏みました。
それが丸2年前のことです。

その当時のとある勉強会のあと、
何気無く聞いた僕の質問に答えてくれた、
大森さんの言葉が今でも心に残っています。


僕:
「毎回3時間半もかけて来るのって大変やんな!」
「どんな思いがあったらこんなに通えるの?」

大森さん:
「近藤さん、女性に惚れたことありますよね?」
「会いたくて会いたくてしょうがないほど惚れた女性が、3時間半かかる場所にいるんです。」
「時間かけて通うのに十分な動機でしょ?」
「僕はメンタリングに惚れたんです!」


その初めて出会った時に聞いた、
メンタリング概論を、
今日は大森さん自らが話す花道でした。

そしてその後僕が、メンタリング研修のまとめを講演させていただき、
大森さんと僕のダブル講演という、
とても思いの詰まった勉強会となりました!

大森さん、ありがとうございます!
良い場に立ち会わせていただけました!


定例会が終わった後は、
僕が松阪で楽しみにしている懇親会です。


松阪の皆さんは講師をいじるのが好きなようで、
酒を酌み交わしながら関わりが深まります。

そして、もうひとつの楽しみは、
食べ物が旨い!

びっくりするくらい美味しい鶏肉をいただき、
大満足でした!

また松阪によせてもらいます!

いつも最後まで記事を読んでいただき、
ありがとうございます!
Post Author

1971年生まれ、東京都出身。 人生のミッションは、 「真心こめ、魂こめ、芸を以て、一縁に尽くす」 こと。 sMart Info 株式会社の代表取締役という役割を全うするなか、メンタリングをしっていただく活動を行っている。 講演活動は、「はぐくみ講演」と題し、メンタリングを基礎として、 企業、一般、学生の方々へ講演に赴いている。 ITエンジニアとしての活動は、 個人、中小企業が主な対象で、スマートフォン(特にiPhoneに特化)から、パソコン(Mac、Windows問わず)まで、 「仕事が楽しくなる環境をつくる」ことをモットーに活動している。

0 件のコメント:

コメントを投稿

いつも読んでいただきありがとうございます!
来ていただいただけで、元気が出ます!