メンタリングを名市大で学生と共に。


名市大でアイセックのみなさんと、メンタリングの講演に参加してまいりました。

近藤妃梨です。


最近、自分と向き合うことに苦悩し、受け入れることの大切さに気付くなど
とても悩みの多い時期だったのですが、
この講演を機に、身の回りでいろんな変化が起こり
この講演はとてもいい時間だったと感じました。

まず、私はアイセックの「理想にしている社会」の文面にとても惹かれました。
一番好きな文面が
「私たちは若者が世界と繋がり、学び、挫折する機会を
多くの若者に提供し続けてきました。」
という文面で、「挫折する機会」というワードに惹かれました。
近藤が、一番フォーカスしていた部分ではありましたが
やはり血の繋がりがあるからなのでしょうか、
普段から「本気の挫折は成長できる。」と、聞いていたからなのでしょうか。
私たち「はぐくみ」が大切にしているところだなぁとも感じ、とても共感しました。


そして今回の講演はメンタリング概論ということだったのですが、
今まで聞いていた概論とは全く違いました。

自分に照らし合わせて考えることが多かったです。

その中で考えさせられたものが、
自分のために相手に「教育」をしていないか。というもの。

「相手に対して、指示や命令で人を動かしていないか?
それで相手はやる気になるのか?」

「その人自身のやる気に任せて、
自律的に自発的にできるように導くことができる人が
メンターとしてのあり方。」

ということで、自分と照らし合わせてみた。

自分が思う通りに相手に動いて欲しいと感じていたり、
または、思う通りに動いて欲しいと相手に押し付けていたりしないだろうかと。


「している・・・」と、感じました。

前から気をつけていることでしたが、まだまだだと深く反省しました。

実際相手が思う通りに動かないとイライラします。
でも、それってとても自分勝手だし、自分中心で
自分のことしか考えれていないですよね。

更には、相手に対し自分の思う通りに動いて欲しいことを言ったとしても、
相手のやる気を阻害するような行動・言動でもありますよね。

実際は相手がやる気になることが目的なのに、
反対のことをしてしまっていて、本来の目的から逸れていますよね。

私は、「こうだ!!」と、思ったことを押し付けてしまったり
叱咤激励をすることも多い人間でした。

でもそういうのは相手に伝わります。

「今自分のことしか考えれていないんだなぁ。」と思い、
相手の話を聞きたいと思いたくなくなります。

実際自分がそういう風に感じることもありましたし、
私は母子家庭で育ち、同居していた母の彼氏からの叱咤激励に
自分の価値観や感情を押し付けられていると思い
全く受け入れられなかったことも思い出しました。

自分は今そのことを人に対してしているんだなと思うと、
深く反省といいますか、深く考えさせられました。

やはり皆自分のことは大事ですし、自分の大事にしている価値観は沢山あります。
その価値観は相手にもあることをしっかり理解した上で
分かち合うことが大事なことだと思いました。

まずは
「本当に相手のために考えているのか」
「自分のために、自分の価値観を押さえつけたいがために考えていないか」

何か問題が起こった時など
一度上記の二つのことを深く考え、相手に伝える時に大事にしていきたいことだと思いました。
そして、そう考える訓練をし、身につけなければならないと思いましたし、
今後の自分の課題でもあると感じました。



そして、講演の中で本気の4つのステップという話で

⑴「自分で決める」

⑵「諦めずにやり続ける」

⑶「ワクワク楽しくなってくる」

⑷「周りがほおっておかなくなる」


という定義が出ましたが

私は、自分と向き合い・受け入れ、さらに相手を受け入れる力を身につけたいと思いました。

どれだけ頑張っても受け入れられない事実もあることを知り、
自分ではどうしようにもできないことがある事を受け入れ、できない自分も受容し
そこから、自分のためではなく本気で相手のことを思って伝えたいと思えるように
日々、努力し、考え、失敗してしまう事もあるでしょうが「諦めずにやり続ける」と決めました。

まずは⑴の「自分で決める」ですが、⑷ステップまで頑張り続けようと思いました。

決めてしまえばあとは自分次第です。人のせいになんかできません。

まだまだ深堀して、決めなければならない事もあるとは思いますが
今はまだ成長途中なので気づけていないだけだと思い、自分の成長を楽しみたいと思いました。


長々となってしまいましたが、とても考えさせられる講演となり
そしてアイセックの方々の凄さも目の当たりにし、
自分もまだまだだと改めて感じさせられる1日となりました。


ありがとうございました。
Post Author

こんにちは!木村妃梨です。 sMart Infoで働き始めて早3年経ちました。 仕事を通して、自分自身を知ることができ、自己の成長を少しずつではありますが、実感しております。 自己受容、他者信頼、他者貢献を目標とし日々精進していきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

いつも読んでいただきありがとうございます!
来ていただいただけで、元気が出ます!