1月 エグチホールディングス インターンシップ研修



ミッションに向けての課題

本日のインターンシップ研修では
前回考えていただいた、ミッションをもとに課題を考える研修を行いました。

そのミッションをより実現させるために
明確な課題をきちんと自覚し、その課題を解決する方法まで
導き出していきました。

早速、ミッションに向けての課題ということで
前回の記事でご覧いただけたとは思いますが、

元気を与え、幸せを与え、見返りを求めず人と関わり
言っているだけの人間にはならず、伝えられる事を伝える

というミッションを提示しました。

その中で課題を幾つか挙げていき、
その中から、自分にとって困難なもの2つを発表していただきました。


私は

相手の幸せ、価値観を知れない(所詮自分の幸せでしか考えられないから)

自分がいやな行動をしているのか気づけていない部分が多い。


この二つになりました。

結局のところは、自分本位でしかないとは思いましたが
この二つについてできる限りの解決策を考えました。


まず一つ目の
相手の幸せ、価値観を知れない(所詮自分の幸せでしか考えられないから)」から・・・
極論、時間をかけるしかないのですが、相手とより深く関わり合い、
いやなこと(いやな所を見てしまっても)価値観のズレが大きくても避けず、相手と向き合う。

(いやな所を見てしまった場合の解決策)
自分がいやな思いをしているのはもしかしたら、自分にとって都合が悪いからかもしれないと、まず自分を疑う。
自分を疑うことによって、大体自分が考えすぎなのかがわかる。
自分本位でしか考えれていなかったと気づく。
そして、自分の価値観から一旦離れ、外側から見る様に心がけ、クセづける。



そして二つ目は
自分がいやな行動をしているのか気づけていない部分が多い。」です。

自分のダメな所を聞く。そのためにも言ってもらえるくらいの関係性を作る。
自分に甘いのか、関わりの浅い人に言われるのは苦手なので、
心を開ける人、言っていただける人をたくさんつくるためにも人との関わりをたくさん作っていく。
まずは関係性(自分が何を言われても気持ち良いと思える関係性)を作る。
人のダメな部分やダメだしは誰しも言いたいものではないので引き出し方を工夫する。
やんわり言われたこと(相手が遠慮して)でも、きちんとそのことに向き合う。
引き出し方も経験で学んでいき、失敗してしまった場合はそのことについても追求していく。


この様な考えに至りました。

ここまで突き詰めると、やはり並大抵のことをやっていては
ミッションを追求するどころか、遂行すらできないと感じ
ミッションの重みを感じることができ、浅はかな自分にも気づきました。

でもその中でも今私ができることがあるとすれば
やはり
役に立つこと。困っていたら徹底的に相手が納得するまで付き合い続けること
今はそれくらいしかできないとも感じました。

でもそれで関係が築けて、より深い関係になれば
ミッションも遠いものではないと感じます。

今できることを全力で諦めずに行えば、
できると信じ頑張っていきます。

最後に、近藤講師が大事にしていることを書いて終わりたいと思います。

夢が叶うための5原則です。

1.を持つ
2.語り合う仲間を持つ
3.支えてくれる仲間をもつ
4.叶えている仲間を持つ
5.必ず叶うと信じる

私もこの5つを大事にしていきたいと思います。


次回はインターンシップ研修(合宿)となります。
初めての体験なのでとても楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
Post Author

こんにちは!木村妃梨です。 sMart Infoで働き始めて早3年経ちました。 仕事を通して、自分自身を知ることができ、自己の成長を少しずつではありますが、実感しております。 自己受容、他者信頼、他者貢献を目標とし日々精進していきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

いつも読んでいただきありがとうございます!
来ていただいただけで、元気が出ます!