2月 エグチホールディングス インターンシップ研修『ビリーフを知る』


近藤 妃梨です。

本日はメンター制度終了後にインターンシップ研修も行いました!

今回は「ビリーフを知る」をテーマに進めてまいりました。


まずビリーフを知るために、
3年後になりたい姿を想像して書き出してもらいました。

その想像していただいた、3年後の自分は笑顔ですか?

想像していた自分は・・・


「よかった!笑顔だ!」と、ホッとしました。


やはり苦しんでいる想像は私にはできないです。

でも、あるインターンシップ生は「笑顔じゃない・・」とおっしゃっていました。


「え!なんで・・・?」


そんなことを思いながら研修を進めていくと、


『世の中にはいろんな成功が存在します。』と題されたテーマに移りました。

内容は、

自分のための成功
(しんどい成功、家庭を犠牲にする成功、孤独な成功、リラックスできない成功など)』

他人のための成功(幸せな成功)』



自分と照らし合わせてみました。



私は関わる人に対して、お役に立てればそれでいいと考えていて
そのお役に立つためにする努力は惜しまないので、
苦しい想像は全くなかったと、気づきました。

役に立つためには、それはたくさんの知識はつけなければなりませんし、
覚えが悪い自分に苦しんだり、機転が利かない自分に苛立ったり
鈍感で気づくのが遅い自分に苦しんだりすることは想像できます。

ですが、その辛い経験をすることによってお客様が快適にPCを触れるというのであれば
私はその辛さもまた好きだと感じたので、笑顔な自分しかありませんでした!





そして、今回のお題の重要部分。

「ビリーフ」

ビリーフは3年後の理想の自分に近づくために。
また、目標にたどり着くために、その存在を知っておいた方が良いとされています。


ビリーフとは・・・

「〜でなければならない。」

「〜であるべき。」

と、自分の経験と出来事から生まれてくる『自分の常識』です。


このビリーフは大事なものもあれば、時に邪魔にもなる存在となります。


人は200〜250個のビリーフを持って生活していると言われています。


まだまだビリーフがたくさんある私。
この存在を知ってから、よく自分と向き合います。

『あれ、今「常識でしょ!」と思っている自分がいる。』
『果たして本当に常識なのか?』

そんなことを思いながら日々、自分と向き合って、
大事にした方が良いと思うビリーフと、自分にとって良くないビリーフ
(イライラしたり不快な思い)を緩めるようにしています。

その緩め方は『〜であるに越したことはない。』

と思うようにすればいいと、教えていただきました。

それから極力そう思うようになり、そう思うように癖付けていくと
だいぶ気持ちが落ち着いてくるようになりました!



あまりにもビリーフが偏り過ぎてしまうと、自分を苦しめることになったり、
人によっては自分のビリーフが非常識(あるいはビリーフでない)かもしれないのに、
その非常識な(ビリーフでない)意見を相手に押し付けることになるかもしれません。

例えば『人に嫌われてはならない』というビリーフが自分にある場合。

人に嫌われるような行為をしているのを見たり
(自分の意見ばかりを押し付けたりする自分と正反対の人を見たりなど)

ビリーフを持った本人が人の顔色を伺いながら人と接していたり、
たくさんの状況があるとは思いますが、

もしこのままそのビリーフを持ち続けてると、
感情を押し殺して何も言えなくなってしまう自分が出てきてしまったり、
そのことで人と関わることが怖くなってしまったり、
前者のような人を見ると嫌悪感を抱いてしまったりなど、
負の感情がたくさん生まれやすくなると思います。

こういう、負の感情が生まれやすいもの、
日常生活に支障をきたしたり、
可能性を止めるブレーキとなるものを「非合理的ビリーフ」

生きていく中で必要だと感じるものを「合理的ビリーフ」

私の中で本当に必要だと感じるのは、
『約束は守るべき』『時間は守るべき』
と、あります。

人と関わっていく中で、外せないところだと私は思います。

実際守らない人を見るとイラっとすることはあります。
その行為をしていないからといって、相手に押し付けるのは良くないですが
その時の自分の思ったことを言うのは良いのではないかと思います。

「相手のため!」「他の人にしないように!」と思って言っていても、
実際は、その他の人は自分には関係ないわけですし
相手にとっては余計なお世話にしかならないですよね。

本当に自分のために動いて欲しくていっているのか、
相手のためを思って気付かせるのとは、わけが違ってくるので
そこを自分で徹底的に理解してからしかるべき時に伝えるようにしております。

合理的ビリーフでも、私は守っていない人に対してそこまで怒りは覚えませんし
自分が大事にしていて、自分が守っているのであればそれで良しと考えております。

ながながと語ってしまいました・・・

今回も研修を通して、たくさん自分と向き合うことができました。

合理的ビリーフ・・・最初に聞いた時はポカーンでした。(笑)

だんだん意味を理解してきて、ポカーン状態だった時に
聞いていたわからなかった部分や、聞き逃していた部分
再度聞くことによって落とし込むことができ、良い時間を過ごすことができました。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

Post Author

こんにちは!木村妃梨です。 sMart Infoで働き始めて早3年経ちました。 仕事を通して、自分自身を知ることができ、自己の成長を少しずつではありますが、実感しております。 自己受容、他者信頼、他者貢献を目標とし日々精進していきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

いつも読んでいただきありがとうございます!
来ていただいただけで、元気が出ます!