エグチホールディングス インターンシップ研修 「ビリーフを知る。」


こんにちは、近藤 妃梨です。

本日のはぐくみインターンシップ研修は
ビリーフを知る。」ということで進めてまいりました。




まず最初に、「自分の短所」をあげていきました。

分以内に30個です。




う〜〜〜〜ん・・・




結局書けたのが、9個です。(笑)


「自分の短所は自分で条件などを決めてあげていっているでしょう?
ちょっと左目が見にくくなる時があるとか、起きた時目ヤニがついてるとか。
なんでもええねん。」


と言われ、ギクッ・・・



『これだーーー!ビリーフだーーー!』


なんで気づかなかったんだろう・・・
いつもこんなに一緒にいるのに・・・(笑)

自分で条件などを勝手に決めて、短所というものはこういうものだと
勝手に思い込んで制限かけているのは自分でしかないですよね。


ひっかかった・・・(勝手に引っかかってるだけです。)


気を取り直して、次に長所。

5分で、次は20個あげてくださいと言われ
もうなんでもいいから「長所」を 20個あげることができました。

見事なまでにストッパーを外すことができて
気持ちよかったです(笑)



そこからは弊社で私はすでに経験済みだったので
ビリーフを知る作業は、見るだけとなりましたが



本編、「ビリーフを知る」行っていきました。


これはやってみないとわかりません・・・


このビリーフを知る作業をした私のきっかけは
ある研修先で行うから、試しにやってみて欲しいと言われ
行ったのがきっかけでした。


・・・衝撃的でした。
こんなことになるとは思ってもいませんでした。
むしろ「覚悟しといて」とか言って!なんて思っていました。(笑)



一人でわんわん泣いて、

でもその時からビリーフのことを深く知ることができて
自分の見ていた世界がかなり変わった(良い風に)
ことは間違いありません。


過去に起こった出来事で強いられてきたことや、
我慢をした経験などいろいろな経験からビリーフが出来上がります。
(小さい頃に経験したビリーフのほとんどは「非合理的ビリーフ」と言われています。)

このワークでは、
過去に起こった記憶などを掘り起こして、
トラウマや悲しかったこと、辛い経験、怒りなどの記憶を蘇らせます。

そこで自分と向き合い、

最終的には
過去の自分の気持ちを受け止め
過去の自分を慰め、
優しく声をかける。

そんなことを行いました。



研修生の2人も結構堪えているように見えました。
見ているこっちがその時を思い出してつらくなってしまいました。

まあ私は感受性が豊かすぎるので、思い込みも激しいですし
感情移入もすごいので、勝手につらくなってしまっただけですが・・・(笑)


この研修を受けているのは東海信和の方々だけなので
是非、エグチホールディングスの皆様にも受けてもらいたいと感じました。

何より時間がかかりますし、
人数的にも多いのでやりにくくはありますが・・・

私は気の置ける人(社長)と二人だけで行ったので、
私にはとても価値あるワークではありましたが、
大人数で行うとどうなるのでしょうか・・・

集中できる環境がいいと思いますので、まだまだ先になってしまうのかな?

なんて思いながらインターンシップ研修を終えました。




次回の研修でインターンシップ研修は終了となります!

次は何をするのか楽しみです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
Post Author

こんにちは!木村妃梨です。 sMart Infoで働き始めて早3年経ちました。 仕事を通して、自分自身を知ることができ、自己の成長を少しずつではありますが、実感しております。 自己受容、他者信頼、他者貢献を目標とし日々精進していきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

いつも読んでいただきありがとうございます!
来ていただいただけで、元気が出ます!