エグチホールディングス「メンティオリエンテーション」



今回はメンティの方々に集まっていただき、
メンティオリエンテーションを行いました。

まずはメンティの方々に
「メンタリングの目的」
「何を・いつまでに・どのような結果で得たいか」
「メンターを指名した理由」
など、この制度を再確認していただくために
質問事項をいくつかアンケートにしたものに答えてもらいました。



そして、その答えていただいた内容を、3人1組なって互いのアンケートを回していき
「気になる点など」をあげていただき、より明確にしていくというワークを行いました。

今回私が重要としていると感じたところが

まずは「自分の目指す姿を具現化。」

それから「メンティとしての心構え。」

自分が本当にメンター制度を取り入れたいと思うのであれば
明確化した目標、目的、なりたい姿が描けていなければ
メンターはメンティが描いている、「目的・目標」に導くことができません。
その上で、プロセスをメンターとともに導いていくのかなぁと思いました。

自分で考えるのにはやはり限界があります。
時にはメンターから自分では考えたこともないようなことを言われ、
プロセスとして取り組んでいかなくてはならないこともあると思います。

それでもメンターはその人、個人が最終的になりたかった姿へと
たどり着けるように導くことを願い、ともに行動していくと思いますので
「本来の目的」と「メンター」を信じて進むことが重要になってくるだろうと感じました。

少しでもその人個人、互いに相手の可能性や考えを疑ってしまえば
成立することはできないと感じ、きちんと自分の中でセットしてお互いに
「メンターとしての自覚」「メンティとしての自覚」を持って、
挑むことが大事なのかなぁと思いました。

そして、自分と同じ思想、大事にしている考えなど同じ部分があれば
お互いに気持ちのセットがしやすいのかなぁとも感じました。

そんな中でも、自分が本当に違うと思ったことは意見として伝え、
自分を見失わず、自分を抑えつけずに、頑張っていただきたいと感じました。

他人の意見を受け入れることも大事です。

受け入れなければ狭い生き方しか出来ませんし、
メンターとして受容する心が大事ではあります。

それでも本当に信念として自分が大事にしているところ、
自分の心の叫びを見逃さずに、
自分ときちんと向き合って頂きたいです。
私もそうやって生きていきたいと感じます。

そんなことを考えながら、ワークを見ていました。
メンティとして、メンターとしての心構えってかなり大変なことだなぁと、
見ていて感じました。

今後も私なりにサポートしてまいりますので、よろしくお願いいたします!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Post Author

こんにちは!木村妃梨です。 sMart Infoで働き始めて早3年経ちました。 仕事を通して、自分自身を知ることができ、自己の成長を少しずつではありますが、実感しております。 自己受容、他者信頼、他者貢献を目標とし日々精進していきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

いつも読んでいただきありがとうございます!
来ていただいただけで、元気が出ます!