浜松メンターの会「共感力を高める」講演がスタートしました!

いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます!
スマートインフォ株式会社の近藤一正です!

本日は浜松メンターの会で勉強会の講師を務めてまいりました。
この1年間は、メンバーの皆さん、そして僕も共通の目的を以って参加しています。

それは、究極のメンターを目指すということです。
浜松メンターの会が目指す究極のメンター像とは、

「自分に関わる全ての人がメンターである」

状態を指します。

自分に関わる全ての人がメンターって、とんでもないコトですよね!

【竹原講師「メンターのススメ」(写真左上)、近藤「勉強会風景」(写真右上)、懇親会・昭和食堂にて(写真下)成田さんええ表情やなあ…笑】


そこを目指していく上で、浜松メンターの会では、こんな考え方を大事にしています。


  • 自立した人同士が助け合う関係性
  • 関わる人は皆「師」であるという姿勢
  • 相手をやる気にさせたかどうかが判断基準


この考え方を踏まえて、「共感力を高めるため」に大事なこととは何なのか?を真剣に考えるわけです。

さて、そもそも共感力とは何でしょうか?

人に共感できる力?
相手の気持ちが分かる力?

浜松メンターの会ではこのように定義づけています。

それは、「相手の視点に立って観る力」のことです。


よく、相手の立場に立って考えよう!とか、相手の目線で物事を観るとか、言いますよね。
まさしく、このことです。

じゃあ、どこまでリアルに「相手の視点に立って観る」ことができるんでしょう?

詳しくは勉強会に参加していただくとして(笑)、大事なことは、相手に関心をもち興味がわく状態になることなんですね。

まずは相手のあらゆる感情を感じ、どう考え、何を思っているのか。
徹底的に相手を知りまくる!

でも相手を知るために聴くことも、相手が心を開いた状態でないと、なかなか話してくれないかもしれません。

その時に大事になってくるのが、「関心」「興味」な訳です。

相手が、
「あ、私に興味を持ってくれている」と感じているか、
「全然興味がなさそう…」と感じているかで、
随分違いが出てくると思いませんか?

こういったことを浜松メンターの会では、全員がその姿勢を大事にすることとしています。

さあ、残り11回!
究極のメンターを目指して!
益々学んでいきますよー!!

いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!
Post Author

1971年生まれ、東京都出身。 人生のミッションは、 「真心こめ、魂こめ、芸を以て、一縁に尽くす」 こと。 sMart Info 株式会社の代表取締役という役割を全うするなか、メンタリングをしっていただく活動を行っている。 講演活動は、「はぐくみ講演」と題し、メンタリングを基礎として、 企業、一般、学生の方々へ講演に赴いている。 ITエンジニアとしての活動は、 個人、中小企業が主な対象で、スマートフォン(特にiPhoneに特化)から、パソコン(Mac、Windows問わず)まで、 「仕事が楽しくなる環境をつくる」ことをモットーに活動している。

0 件のコメント:

コメントを投稿

いつも読んでいただきありがとうございます!
来ていただいただけで、元気が出ます!